Picky-Picksで、自分でチラシや名刺が作れちゃう

design

プロに頼むほどではないけれど、チラシや名刺が必要な時。
でもワードだとちょっと殺風景。わざわざグラフィックソフトを買うまでもない。
そんなあなたに朗報。自分でチラシや名刺が作れちゃうオンラインソフトがあります。
その名も、Picky-Picks

さて、これってどんなことができるのでしょう?

Picky-Picksで作れるもの

  • A4チラシ(縦横)
  • 名刺
  • ポストカード
  • FBカバー
  • プレゼン資料

が作れます。

Picky-Pickの特徴

  • オンライン上で操作ができる
  • 直感的に操作可能
  • Picky-Picksの中にも画像やイラストがあるため、そこから使いたい画像を選ぶことができる
  • テンプレートの種類が割とある
  • モリサワのフォントが使える
  • 保存の際にPDF形式,png形式,ネット表示ができる

という感じです。

さて、実際に作ってみましょう。

1

画面を開いて新規登録をします。SNSからログインも可能です。

2

何を作るか決めます。

3

A4チラシを作ることにしました。
白紙の状態やテンプレートから選べます。
今回はテンプレートから作ることにしました。

4

このテンプレートで作ります。

5

丸で囲まれた写真を変更したい!ということで、自分でパソコンの中のファイルを選択してPPの中にアップロードしました。

6
変更したい画像をダブルクリックします。
画像に焦点が当たるので、アップロードしたファイルを差し替えたい画像のトコロまでドラッグ&ドロップします。
差し替わりました。

次は背景などの変更です。

7

変更したい場所をダブルクリックすると、■が出てきますので、それをクリックするとこんな感じで色パレットが出ます。
これで色の変更が可能です。

8

写真囲みの○も色が変更可能です。

9

変更できました!

10

メイン背景色は、サイドバーの「背景」から変更可能です。

11

文字の変更は、書かれている文字をクリックすると変更可能です。
新規で文字を入れたい場合は、サイドバーの文字をクリック。

大きさを選んでドラッグ&ドロップ。

14

こんな感じでモリサワのフォントが使用可能です。文字サイズも変更できますよ。

15

文字を一通り入力したので、画像を入れてみようと思います。
サイドバーにある「フレーム」を選んで、フレームの形を選びます。

16

選びたい写真をサイドバーからドラッグアンドドロップして配置します。できあがり!

17

「できたデザインを書き出す」を押すと、PDF,PNG、Webページ書きだしを選択可能です。
PNGは630×891でした。

design

縮小アップですがこんな感じです。(ちょっと文字の並びが崩れているのがご容赦を…)

まとめ

結構カンタンに作ることができます!
Illustrator>Picky-Picks>Wordの順で細かく作業できる感じでしょうか。
ただ、Picky-Picksに入っている写真は有料が多いので、自分である程度フリー写真を集めてから使用した方がよいかなと思いました。

1からレイアウトをするのは難しいと思うので、まずはテンプレートを編集して作るところから始めてみてはいかがでしょうか?
PDFで出力できるので、PDF出力に対応している印刷会社であれば印刷会社での印刷も可能なのは嬉しいところ。
ちょっとしたイベント告知のチラシであれば、こちらで十分作れるかな?と思います!

Picky-Picks

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − one =