アフィリエイトプログラムについて紹介してみた(自社編)

freee151117071495-thumb-815xauto-19978

インターネットでは、今も昔もアフィリエイトという文化があります。
これは何かというと、ブログやサイトに製品やサービスの広告を載せて、載せたサイトから購入する人が出たら購入代金の数%をキックバックするという仕組みです。もう10年ほど前に聞いた話ですが、楽天市場も6割くらいはアフィリエイトからの購入だそうです。(今は割合が変わっていると思いますが)

そんなアフィリエイトについて載せてみます。

アフィリエイトプログラムについて紹介してみるよ

アフィリエイトは、いろいろな会社で行っています。
今回は、自社で行っているもので代表的なものをご紹介します。

登録の仕方はどこも同じで、登録するサイトURLや管理人である自分の情報を入力。審査に受かれば使用開始です。

楽天アフィリエイト

アフィリエイトといえば、楽天がまず思い浮かびます。
楽天市場の商品を紹介することで、売り上げが出たら楽天ポイントに換金されるというシステムです。
現金ではないので楽天を使わないとあまり意味がないかもしれませんが、商品が多いので紹介しやすいという利点があります。
画像付きの商品リンクやテキストリンク、ショップリンクなど、かなり充実したアフィリエイト体制です。

楽天アフィリエイト

アマゾンアソシエイト

Amazonのアフィリエイトプログラムです。
現金換金は毎月5000円から換金可能、ギフト券なら500円から可能だそう。

画像リンクや上記のようなフォーム、ウィジェットでリンクが張れます。こちらも商品数が多いので、よりどりみどりです。

Amazonアソシエイト

iTunesアフィリエイトプログラム

appleのアフィリエイトプログラムです。
アプリ、音楽、本など幅広い中からアフィリエイトをすることができます。

#globe20th -SPECIAL COVER BEST- – Various Artists

iTunesアフィリエイトプログラム

グーグルアドセンス

グーグルの広告収入サービスです。
アフィリエイトとは微妙に違いますが、広告をクリックすると広告の単価が収入になります
広告マッチ型のサービスのため、自分でどの商品を選ばなくても◎。

グーグルアドセンス

無料でサービスを提供しているものはアフィリエイトは禁止。

無料ブログなど、無料でサービスを提供しているものは、アフィリエイトは禁止のところが圧倒的です。無料で貸してるんだから金取るんじゃねぇってことでしょう。このブログのようにサーバーを借りている場合は特に制限はありません。