Facebookページ広告の有効な使い方は?

fb

Facebook広告でiPhone講座の広告を出しています。

fb

現在こちらの広告は終了して、新しい広告を打っているのですが
こちらの広告、最終的に1万以上ヒットしました。

わたしが感じたFacebook広告のメリットを載せてみたいと思います。

Facebookページ広告の有効な使い方は?

  • ネットショップの宣伝
  • 通信講座
  • テキストや動画販売

広告を出して実際に効果があるな、ありそうだなと思ったのはこの3つです。

これらの共通点は…

世界中のどこでも買える・実践できるもの

対面の講座でももちろん良いのですが、
そこに行ける人が限られるので広告を出してまで行う必要がない。
自分の手の届かない地域や人たちにアピールできるのがFacebook広告の良いところだと感じました。

Facebook広告のすごいところ

「facebookページにいいねをした人の友達」に広告を表示させることができます。

こんな流れ
Aさんが▽ページにいいねをしている→Aさんの友達のBさんに広告が表示される→いいねを押してくれる率が高まる

Facebookの機能を生かした「繋がり広告」は、
似たような属性の人が友達になるので、興味があるものも似ている!
これはとても上手な仕組みですよね。

とはいっても、Facebookページ自体の記事の更新が…という方

オリジナル記事を書くことがなかなか難しいなら、
FBページのテーマに沿ったキュレ―ション方式で他のニュースサイトやページを紹介するのもありかなと思います。

ネット販売や通信講座などをお持ちの方は、Facebookページを作ってぜひ広告を試してみてくださいね。