名刺は何が書いてあるといいの?起業女子編

namecard

ビジネスツールと言って一番に思い浮かべるのは名刺ではないでしょうか。

「SNSで繋がることができるから名刺は要らない」という方もいるのですが、
名刺が必要か不要かと言われればビジネスの広い世界に出てみると、わたしは必要かなと思います
持っていないと「持ってないの?」的な雰囲気になることも多々。

namecard

必要だと思う理由は、自分が何の仕事をしているか簡潔に伝えることができる。そして名刺から話題を広げることができるから。

初めて会って名刺を交換して、さて何を話そう?というときに名刺に書いてあることを聞いてみたり、デザインについて話したりして
話題が広がります。

ということで、ビジネス名刺に必要だと思ったことを載せてみようと思います。

ビジネス名刺に必要な内容

※名前とか電話番号とかメールアドレス、ブログURL,HPなどは、基本的にあるものだと思って省略します。

写真

ない方がカッコよいかなと思いつつ、名刺に顔がないと名刺見ても相手のこと思い出せないことが多いです。
個人的には顔写真はつけた方がいいかなと思います。

肩書き

わたしは何をしている人かきちんと書いておく
○○講師 とか ○○教室主宰 ファッションコンサルタントなど

住所

事務所など場所を持っていない方は自宅の住所を全部載せる必要はないと思うのですが、
渋谷・目黒区を中心に活動中など「どこで活動をしています」ということを載せても損はないのかなと思いました。セミナーだと遠方の方もいらっしゃいますしね。

FB

FBのアドレスや検索名!
口頭で言えばいいやって思っていたけれど、名刺に書いてあるとそそくさとお友達申請してくださるものなのですよね。FBは起業している人にとっては重要な「繋がるツール」ですからね。

サービス内容

サービス内容が書いてあるとそこから質問をして話を盛り上げることができるので、
裏面にでもきちんと書いてあった方がいいですね。

裏面

・お仕事内容が一目で分かる、興味を持ってもらえるキャッチコピー
・サービス内容(羅列でも文章でも可)
(羅列の場合は、簡単な説明があればさらによし)

これがあると渡した相手にも何をしている方か分かるし、話題が広がるかも知れません。

デザインのポイント

色々好みはあると思うのですが、わたしが気を付けているのは

見やすさ・わかりやすさ です。

名刺本来の役割は、
・その人が何をしているのかわかること
・連絡先がわかること

というわけで、過度な装飾は避けるようにしています。
(ただ、これはお客様の要望に合わせます)

こんな感じです。
名刺を作る際は是非参考にしてみてくださいね!レッツ名刺!
自分ではちょっとめんどくさい…と思ったら依頼してくださいね。