ホームページで売上があがる会社 あがらない会社 何が違うか

IMG_0467

制作者としてユーザーとして興味があったので購入したこちらの本。

IMG_0467

すごーくこの本は読みやすい!分かりやすい!
飽きることなく一気に読めました。

どんなホームページがよいホームページ?

みんな見た目がよい(カッコイイ・キレイ)デザインにしたいと思って制作会社やデザイナーに頼むと思うのですが、必ずしもそれが集客できるとは限りません。お客様のニーズやお仕事の内容と合っていなければ意味がないのです。ではどんなことがポイントでしょうか。

ホームページのポイントは、「見やすさ、わかりやすさ」

これはどんな業界でも共通して言えるでしょう。

わたしは自作サイトで集客していたサロンオーナーだったので、そのことを身を持って体感しています。
キレイなサイトでも集客できないと意味がないのですね。キラキラ感はないけれど、商品の特徴を分かりやすく明記したホームページは、わたしの一番のビジネスパートナーになりました。

検索エンジンのキーワードは当てにならない

検索エンジンで上位を取れれば集客できると思っている方も多いですが、誰も検索しないようなキーワードで1位をとっても意味がない。そういうことをさらっと分かりやすく書いています。

ビフォーアフターも惜しげもなく出ています。
ショッピングカートボタンの色の違いでクリック率がこんなに違う!とか
同じ内容のバナーでデザインを変えると3倍もクリック率が違うなどなど、興味深い事例がたくさん載っています。

「大事なのはホームページを作ることではなくて、「商売の道理」に立ち返ることなんだ」

このひとことに全てが集約されているのではないでしょうか。
これはホームページに限った話ではなく、ブログ(アメブロ)も同じだと思います。

売上が上がるホームページ・ブログの作り方

この会社・お教室・お店・サロンの一番のウリは何か?「お客様に選ばれる理由」「強み」から組み立てる
→それをPRすることによってさらに売上UPに繋がる

お客様自身が「なぜ選ばれているか」「自社の強み」を理解していることが、いかに成果に繋がるのかというのがよく分かりました。

そして忘れてはいけないこと。
ホームページやアメブロは、ヒトを運んでくることはできても、商品に魅力がなければ買ってもらえない。
これがあるから売れる!そんな魔法はこの世にはありません。

ホームページはもちろんですが、ブログで集客したいと思っている方にも十分通用する内容ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 − five =